RSS | ATOM | SEARCH
なぜ酔うと英語が話せるのか
なぜ酔うと英語が話せるのか
先日紹介した本城さんの本を1冊読んでみました。

酔うと、気が大きくなって、普段見ず知らずの人に話しかけれない人が、気さくに隣の人に話しかけたりするのと同じで、対人恐怖症がなくなり、英語も話せるようになるということが、対話形式で、分かりやすく書いてある本です。

それ以外にも英会話上達のコツが書かれています。
その一部を紹介します。

英語が全て聞き取れなくても、聞き取れた一部の単語から、内容を判断すれば、100%聞き取れなくても、理解できるとのこと。

日本語で話している時も、相手が話の途中から何を話そうとしているのか、判断して聞いています。

あらかじめ知っている内容であれば、日本語でも英語でも理解することはより簡単になります。

単語を覚える方法は、単語集を買って覚えるより、普段自分が使っている日本語や自分の専門分野を英語にすることを勧めています。

自分が話題にできないような、無関心なジャンルの単語を覚えても、使う機会がありませんし馴染みがないとなかなか覚えられませんね。

褒めるということ。

褒められることで、自信が付き、対人恐怖症も克服できます。

管理人はアメリカにいて、感心したのが、アメリカ人は相手を褒めることがうまいのです。

実際のネイティヴとの会話でも、 褒められて悪い気はしないはずですから、褒めることで会話のとっかかりとなりますし、より親身にもなれると思います。

怒る英語

日本人は怒りを表すことを良しとしません。
そのためなめられることがあります。

日本語でもいいから、怒ること。そうすれば、怒っていることは相手にも理解できます。

日本は意思表示をはっきりしませんから、外国人には理解できないという話をよく聞きますね。

意思表示をはっきりするということが大切ですね。

日本の伝統文化を学ぶ

本城氏は茶道のことを聞かれて、困ったことがあるそうです。

日本人は白人崇拝病で外国かぶれですから、母国のことを知らなかったりします。

何か1つでも日本のことが語れれば、外国人から尊敬されるそうです。

なぜ英語を話したいと思ったのかを思い出す

子供のころあこがれたものを思い出し、本当にやりたいことを見つけることが大切です。

動機づけです。

英会話を楽しく続けるために、参考になると思います。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 12:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://eikaiwacafe.meowgarden.com/trackback/135