RSS | ATOM | SEARCH
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-の誤訳
先日やっと「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」を見ました。

字幕スーパーには文字数制限があります。
以前は1秒4文字だったのが、活字離れのため1秒3文字に減らされているという話を聞いたことがあります。

(新聞や雑誌の紙媒体は減っても、スマホやタブレットで文字は読んでいるとは思いますが・・・・)

そういうタイトな文字数制限のため、英語をそのまま訳せないときがあることは理解していますので、
やむを得ない場合の苦心の訳については、突っ込みはいれません。

今回は映画の内容から、誤訳と言わざるを得ない部分がありました。

主役やフセインの息子ウダイの影武者、ラティフです。

結局ウダイもラティフも同じ俳優さんが演じているので、両方主役みたいなものです。

ウダイは女癖が悪く、結婚式の最中の花嫁をレイプして自殺に追いやります。
フセインが怒ってこう言います。

"I should've gelded you" (お前を去勢しておくべきだった)

ところが、この部分の字幕スーパーが「去勢しておくべきだった」ではなく「殺しておくべきだった」となっていました。

下記URLのページでも「殺しておくべきだった」と引用されています。
http://www.nicovideo.jp/watch/1328860403

"geld"という単語はネイティヴスピーカーでも知らない人がいるマイナーな単語です。

一般的に使われいてる「去勢する」という単語は”castrate”です。

知らない単語が出てきた場合、脳の中では知っている単語で似た音に変換されてしまいます。

そうするとこの上記のフセインのセリフは"I should've killed you"と聞こえないこともないのです。

「殺す」より「去勢する」のほうが一文字多いですから、
その余分の1文字が入らず、他の部分の文字数をカットできなかったのかどうかで、
意図的に変えたのか誤訳なのかが分かるかと思います。

これからこの映画を見る方、もう見たけどもう一度この部分を確認したい方は
是非、字幕の訳に工夫の余地があるのかどうか、気にしならが見て下さい。

ココからはネタバレになりますので要注意!!!



結末を知りたくない人は見ないで下さい。











​↓





​↓

映画の最後で影武者のラティフはウダイの顔のほうに銃を向けます。


女性に止められ腕をつかまれて、発砲した時に腕が下がってしまい股間に当たります。

殺すことは出来なったけど、去勢には成功したという結末に、やっぱり上記の部分の訳は「去勢」にすべきだったのではと
個人的に思います。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 13:16
comments(0), trackbacks(0), - -
日本以外にも四季はある
東京オリンピック2020年に向けて、首相は国民の英語力を上げる政策を進め、外国に日本文化をもっと紹介しようとしています。

TV番組やYou Tubeでも外国人からみた日本や日本人を取り上げたもの、日本人の英語力を取り上げたものも増えているように思います。

その中で管理人が感じたことを書きたいと思います。


日本人が日本を紹介する際には、「日本には四季がある」とよく言います。

これは外国人からすると、日本人は日本にしか四季がないように思っていると感じます。

例えば、講師の国、カナダでも四季はあります。
ただ、春夏秋冬がそれぞれ3ヶ月ずつなのではなく、冬は長く、夏が短いだけです。

日本しか知らない人が日本を外国人に紹介するのは難しいと思います。
それは、外国で生活すれば、他の国でも四季があることはすぐ分かります。
日本で、日本人だけで生活するとそういう国際感覚が身につきません。

国際感覚がない人は、日本や日本文化を紹介するにはアピールが下手としか言えません。

日本人に四季に対するこだわりがあることは間違いありません。
だから、言葉を変えて、それを上手く説明する必要があると思います。
「日本には四季がある」だけでは、日本人の四季に対する思いは外国人には通じません。

例えば、欧米人に比べると日本人は自然現象に時間とお金を費やしています。

カナダやフィンランドやアラスカへのオーロラツアーは高額ですが、それが理解できない欧米人はかなりいます。
アメリカではアラスカは夏に避暑に行くところであり、寒い冬に日本人が行くことが信じられないそうです。

花見のようなイベントも日本独自のものかもしれません。

アメリカはお祭り好きですが、宗教的なイベント(クリスマス、ハロウィン、イースター)、国のイベント(独立記念日)が中心で、祝日でもなく、花が咲いているときに、花を楽しむパーティはありません。

紅葉もしかりです。

日本人が四季を大切に思う気持ちは、既に平安時代にはありました。

清少納言の『枕草子』の「春はあけぼの」「夏は夜」「秋は夕暮れ」「冬はつとめて」は学校で暗証した方も多くいると思います。

俳句には季語を入れることは、日本人なら誰でも知っています。

俳句は英訳されて、外国人でも知っている人はいますが、季語のことは知らない人もいます。

日本人にとって四季は生活に密接していますが、その歴史も長いのですが、
「四季がある」だけでは、外国人にそれは伝わりません。

日本紹介の文章を書いている人は、きっと私よりいい大学を出ている方でしょうから、
知恵を絞って、外国人に伝わる表現を書いて欲しいと思います。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 14:39
comments(0), trackbacks(0), - -
TOEIC学習中4

またこの書籍からの、不思議なフレーズ紹介ですみません。

第4章「冠詞を克服する」の応用問題で下記のフレーズが出てきました。

"The scoundrel of the blackest dye" 

”The scoundrel”は「悪党」という意味ですが、古い言葉で現在はあまり使われません。

”the blackest dye”は「根っからの」という訳がついていますが、ネイティヴスピーカーでも聞いたことがない表現のようです。

当カフェの講師は”the blackest dye”の意味はなんとなく想像は出来るけど、ほとんどのネイティヴスピーカーが意味すら分からないのではないかと言っていました。

このフレーズがどこで使われていたのかググってみましたが、19世紀のイギリスの医学書で使われた表現だということしか分かりませんでした。

日本語に例えれば、日本語を勉強している外国人が杉田玄白の『解体新書』の中に使われてる表現を覚えて、それを日本人に使って、私たち日本人が聞いたことをない単語を耳にして、目が点になるような状況と同じと言えるでしょう。


第5章「副詞類を克服する」では"two-timing"(浮気)という単語が出てきます。

私は聞いたことがなかったので、講師に確認しましたところ、講師の親世代(60代以上)が使う表現で、講師の世代(30代)でも知ってはいるが、使わないとのことです。

私が留学中よく耳にした単語は"affair"です。

あと動詞としては、"cheat"を使います。

ドキュメンタリーで一般視聴者が恋人の浮気をTV局に調べてもらう番組がありました。
タイトルは"Cheater”(浮気者)でした。

"two-timing"を使うのは、日本語で言えば、カップルのことを、「アベック」という感じでしょうか。

古い言葉を雑学として知っているのは別に構いませんが、それが古い言葉で、若い人が使うと笑われるかもしれないということも同時に知っておかなければならないのではないでしょうか。

まずは、現在使われている言葉を勉強したいですね。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 22:59
comments(0), trackbacks(0), - -
TOEIC学習中3                                                                                                                       


前回からの続きです。
同じ書籍からのネイティヴが見ると不自然な文章を紹介します。

「文の種類の制覇」の中の文章です。

"There has been unanimous agreement among critics as to whether the works of this year are superior to the past."

前回同様、以前の下線4箇所の中から間違いを見つける問題です。

下線A: unanimous agreement
下線B: as to whether
下線C: works
下線D: to the past

間違っているのは下線Dで、"to those of the past" と書くのが正解となっています。

表現そのものは文法的に正しいです。

ただ、ネイティヴの講師に言わせると、この文章全体的に好きではないそうです。

確かに"to those of the past"と書くのが正しく、本来比べるのは今年の作品と過去の作品を比べなければならないところ、
元の文のままでは今年の作品と、過去そのものを比べることになってしまいます。

正解のとおりに書くと、ちょっと長い表現になります。

英語は明確かつ、簡潔に書くのがかっこいいのです。

講師だったら、"compare to the past"と書くとのこと。もちろん、文章は全体的に書き直す必要があります。

この文章を書籍の正解のとおりに直して、他のネイティヴにメールで送ったりしたら、
きっと「何が言いたいのだろう」と驚かれるだろうとのこと。

何がどうおかしいのかというのは、ノンネイティヴに説明するのは難しいそうです。

私たちがネイティヴの表現を学びたい場合は、日本人が書いた教材ではなく、ネイティヴが書いた書籍やネイティヴの会話から地道に表現を覚えていきましょう。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 14:48
comments(0), trackbacks(0), - -
TOEIC学習中2                                                                                                                         


前回からの続きです。
同じ書籍からのネイティヴが見ると不自然な文章を紹介します。

「5文型の制覇」の中の文章です。

"Though his original play did not take with the public, his current one took a fancy of even the young who were reluctant to see it."

以前のTOEICにあった4箇所に下線がひいてあり、間違いを1つ見つけるという練習問題です。

正しくは"took the fancy of"となります。

講師が気に入らない表現は"the young"です。

「the + 形容詞」でその形容詞のような人々ということで、文法的に間違っていません。

ただ、使わないとのことです。

なぜかというと、あいまいだからです。

日本語はあいまいですが、英語はあいまいを嫌います。

"the young"では10代か20代がはっきりしません。

日本の中高年が「最近の若者は〜」という感覚で、そのまま英訳ではだめなんですね。

日本語でも団塊の世代とかゆとり世代とか使うように、世代の名称を使うとか、具体的に年齢枠を書くことで明確になります。

英語の世代については下記のURLの"List of generations”をご参考下さい。
 List of generations
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 14:44
comments(0), trackbacks(0), - -
TOEIC学習中1
7/27にTOEICを受験することになりました。

当カフェ講師に問題集の疑問をぶつけています。

日本人が書いた問題集には、文法的には正しいけど、ネイティヴはそういう言い方をしないという文章が満載ですので、
そういう文章を見つけたら随時紹介していきます。

現在勉強中の問題集は下記の書籍です。


「PART3に挑戦!」のコナーに掲載されていた問題です。

ダイアログのリスニングパート
W: Mr. Stonewell, do I have to give my speech?
M: Why, what't eating you?
W: I don't know.  I feel funny.

このダイアログに合う答えを選びます。
答えだけ書くと、
A: She has butterflies in her stomach.

eatには「困らせる、いらいらさせる」という意味があり、ダイアログの2行目は何にいらいらさせられているのか聞いています。

”What't eating you?” という言い方は、リーダーズにもそのまま載っていて訳文は「何をむずかしい顔をしているんだ」となっています。

”I feel funny”ですが、おもしろいという意味でななく、変だという意味です。
funnyを使う場合は、精神的なものではなく、肉体的に変という意味で、
”I feel sick."と同じ意味で使います。

一方で、"butterflies in one's stomach"という表現は「不安で落ち着かない」という精神的な状態を意味します。

ダイアログの3行目でfunnyではなく、nervousを使えば、nervousも精神状態を表す言葉ですので、
回答の落ち着かないというのと意味がマッチします。

しかし、funnyでは答えとマッチしないとネイティヴは考えます。

留学中にホストファミリーからも教わりましたが、肉体的な不調と、精神的な不調とは、違う表現を明確に使い別けます。

「病は気から」と肉体的な不調と、精神的な不調を明確に別けず、あいまいには表現しません。

他の回答の選択肢がダイアログの内容と全くかみ合わないので、butterfliesの文が限りなく答えに近いといえますが、
ネイティヴ的には、選択肢の中に答えは1つもないが正確となってしまいます。

さらに、講師はダイアログも不自然で、特に2行目の返答がおかしいと言っていました。

質問に対して、質問で答えてますからね。

英語は”Yes", "No"で答えられる質問には、ちゃんと”Yes"か"No"で答えないといけません。


 
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 13:35
comments(0), trackbacks(0), - -
英語学習は楽しく!
「日本人の英語力が低いのは『楽しむ』姿勢が不足しているから」というアメーバニュースの記事をご覧下さい。
  アメーバニュースの記事

私も楽しみながら勉強することには賛成です。
出ないと続かないということを、経験上よく分かっているからです。

ところがこの記事を読んでいくと、留学前に辞書を丸覚えされたとか・・・。

語彙や類語を増やすことはコミュニケーションを楽しむためには重要なのは本当です。

留学先で困らないように、留学前にしっかり勉強しておくことも正解です。

しかし、辞書の丸覚えって楽しいでしょうか?


留学するという目標があり、そのためにすることは、楽しいのかもしれませんし、その後の達成感も大きいでしょう。

でも!!
私には辞書の丸覚えは退屈すぎてできません。


紹介した記事を読んで無理だと同様に思った方、ご安心下さい。

基本的に興味のあることしか英語で触れていない私でも、知っている語彙に偏りがあっても、
TOEICで800点以上取れますし、ネイティヴとの日常会話も問題ありません。

楽しいと思えることは人それぞれですので、自分で楽しめて、継続でき、身に付く方法を見つけることが大切なのかもしれません。

忘れないで欲しいのは、語彙は多いほうがいいということと、基礎文法は身につけておくということは、必須です!
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 13:35
comments(0), trackbacks(0), - -
lieutenantの発音
Foxで新に始まったドラマ版の”Sleepy Hollow"には、イギリス人俳優Tom Misonがイカボット・クレーン役で出演しています。

”Drハウス”のようにイギリス人がアメリカ人の役をしているのではありません。

イギリス人役ですので、ドラマの中でもイギリス英語を話しています。

ですから警部補「lieutenant」の発音もアメリカ英語の「ルーテナント」ではなく「レフテナント」と発音しています。

見る機会がありましたら、是非イカボットのイギリス英語をしっかり聞いてみて下さい。





 
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 21:13
comments(0), trackbacks(0), - -
笑う英会話2
前回紹介の本には第2弾があります。

笑う英会話 2


悲しいかな、そういうことは一部では起こりうるかも。

「妻が朝帰りしたのはそのときが3度目でした」
「彼女は夫が解雇されていたことに気づいていなかった」

ありえないでしょう

「食べすぎがもとで死んだ」
「エドはバナナの皮ですべった」

絶対に自分の身には起こってほしくないっ!

「シャワー室に入るなり、社長が素っ裸でいるのに出くわし、ひどく面喰ってしまった」

何故に世田谷限定?

「エプロン姿のおばさんが、世田谷ののみの市で、きりきり首の回るこけしを買った」

町の女性の顔を知り尽くしている!?

「僕の町にはきれいな女性はほとんどいない」
最近「うちの会社にはイケメンがいない」とぼやいた同僚がいましたが、この英文を応用できそうです。

この本に収められている英文が掲載されている参考図書情報もありますので、その中から参考書を探すのもおもしろうそうですよ。

 
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 13:39
comments(0), trackbacks(0), - -
笑う英会話
昨年は講師が多忙のため、当カフェで開講日を設定し、告知するのをお休みしておりました。 すみませんでした。

また、今年1月には引越しをしました。
武蔵小杉最寄から、赤羽最寄になりました。

4月以降に新し形で、英語でチャットができる場を提供することを検討中です。

英会話のテキストはたくさんありますが、読んでも覚えらなかったり、 うまく言いたいことが言えなかったりして、ストレスに感じることもあるでしょう。

そんな時は笑える本を読んで、リラックスしましょう。

笑う英会話―参考書や英会話本に載っている


出版されている英語辞典、英会話の参考書から面白い文章を集めた本です。

実際にネイティヴが使うかどうかはともかく、なぜその例文を選んだのか頭をかしげるものがあるんです。

もし実際使う機会があったとしても、かなりレアケースなものもあります。

まずははげネタ3連発。

「私のはげが始まったのは大学時代からです」
「彼ならすぐにわかるよ、会社でハゲは彼一人だから」
「通りを渡っている頭のはげた人は私の父です」

本当にビジネス英語?

「僕のチョコレートに触るな!」

ありえないでしょう!?

「彼女はマフィンのつもりだったのにも関わらず、モルヒネを頼んでしまった」
モルヒネの英語発音は”モーフィン”です。

なぜ??

「刀を持ったやくざが、昔私の家に住んでいた」

これ以上書いてしまうと面白さが半減してしまうので、続きは本を読んで下さい。

英訳も本で確認して下さい。

変なシチュエーションの会話が多いですが、これを単語を入れ変えてまともな文章にすれば、使える英文に なりますから、楽しく学んでみてはいかがでしょうか。
author:Meow Gardenのネイティヴ講師, category:-, 13:39
comments(0), trackbacks(0), - -